独立開業に関する記録


独立開業した夫を支える、妻の視点で綴られた独立開業日記。
最近は専ら個人事業の実務について書いています。

個人店経営に必要な手続き、実際にやってみて気がついたことなど、事細かに記録しました。
事業を始めたばかりの方はもちろん、誰もが思うどうすれば?の疑問にお応えします。

最新記事はホームページ版にあります。

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |

お金に振り回されない


身の丈にあった儲け方というか、どうしてお金を稼ぐのかということをちょっと考えてみた。雇われているときとは違った状況になり足場固めということで。

お金を稼いでそれを使うことは良いことである。

じゃぁ何が心配かというと、この順調な状態が続くはずはないという気持ちがあるからだろうか。

いや、違うな。別に共働きだし、多少売上が下がったところで、慌てるなんてことはないと思う。もっと厳しい状況を想定して開業したからだ。

であるなら多少お金を使って利益が減ったとしても問題ないはずなのに、8月の収支を見ていて出費が多いのが気になってしまうのはなぜだろうか。

理由はわかっている。経費は抑えて利益を出そうという思想が根付いてしまっているからだろう。

だからハタから見ていて利益率が下がると、これで良いのだろうかと思ってしまうのだ。

でも、日々楽しく暮らす手段の一つとして働いているのだし、お金は使うものなのだから、それがどう使われようが今の状態にある間はこれでいいのかもしれない、という気持ちも一方であるのは事実。

経費を削減してじゃぁ何をするのと問われると、その答えはまだはっきりしていないからだ。

夫は二店舗目を持ちたいと思っているようだが今の生活に満足しているようで、まだ具体的にこういう店が面白そうだやってみたいなと思えるほど気持ちが熟してないように見える。

今言えるのは、お金という道具に振り回されないように用心することなのだろう。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 店主 | comments(0) | trackbacks(0) |

人間関係の相談


店主だって人間だから、人の好き嫌いというか接しやすい人とそうでない人、というのがもちろんいる。

うちのようにこんな小さな店でもそういうことがあって、ここ数日の夫は、そのことでちょっと考え込んでいる様子。

前々から彼とは相性が合わないと言っていたが、そんな思いがだいぶ蓄積されたようだった。

または長く付き合うようになって、お互い遠慮が薄れてしまったのかも。

夫はそのことで私に話をしたいようだが、その手の問題は当事者で解決すべき問題で、状況のわからない人間が聞くと、的外れな返答をしてしまうことが大いにある。

考えを整理するために、当事者でない人に話をするのが有効な場合もあるが、どうも今回はそうではないらしい。

私たち夫婦は人間関係の相談に対して同様の見解、つまり、本当に解決になる実のある話は、当事者にしかできない、と思っているのだ。

その問題の現場を直接見たり聞いたりしていない人間が相談に乗ったところで、一般的な話しかできないという考え。

人間関係の問題は、そのひとつひとつがきわめて特殊なケースである。

似たような悩みであっても当事者の人間性によって導かれる答えは常に変化するものだという認識だ。

その答えとは当事者にしかわからない。

外野にいる人間は口をはさまず、ただひたすら聞き流すことしかできないだろう。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 店主 | comments(0) | trackbacks(0) |

夏休み


今年のお盆休みは定休日とくっつけて3日間休みにした。特に出かける予定もなくだらだらとした夏休み。

去年も定休日とくっつけて連休をとったが、2日だけだった。当時の日記を見ると、次の連休は年末か〜と嘆いていたが、今年はそんな発言はなし。

仕事をしないのはよほど辛いらしい。仕事以外に趣味がないとはかわいそうなことだ。次の連休は一日だけでもどこか出かける予定を作ってあげようと思ったくらい。

私が夏休みを9日取ったことを羨ましいと言っていたが、実際にそんなことになったらかなり苦しいのではないかと思う。夫にとって連休とは3日が限度のようだ。

今回のように休むのに疲れた連休を終え、ウキウキした状態で仕事に行くのは、店のために良いのかもしれない。

8月に入ってから売上がだいぶ落ち着いた。

先月の反動が来ているのか、夏休み出費に備えて財布の紐をしめているのか。

去年はどうだったかと珍しく夫が気にしている。調べてみると去年も淡々とした数字をたたき出していた。

去年と同様の流れだとすると、お盆明けの方が売上が悪い。少なくとも今週いっぱいは暇だと思うよと言っておいた。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 店主 | comments(0) | trackbacks(0) |

店がある限りなくならないこと


「今日はお客さんが来てくれるだろうか」という心配が常にあるらしい。

売上の最低ラインが去年に比べて上がっているにもかかわらず、こう思うということは、店をたたむまではずっと続くことだろうと思えてならない。

いや、逆にこういう気持ちがなくなると店は駄目になるんじゃないのかな。

こういう不安があると、実際にお客さんが来てくれた時には嬉しくなるし、その嬉しいという気持ちがお客さんに伝わって、お客さんと店の良い関係が築かれるのではないだろうか。

良い関係ができれば、店をやっていても楽しい。楽しくしていると人が集まるというサイクルが存在するような気がする。

まずは自分が楽しくないと、心地よい空間は提供できないだろうし。

でもやはり水商売。お客さんの都合で良い時、悪い時はつきもの。そういうものなんだと思っても、昨日がいくら売上が良かったとしても、さて今日はと思った時「今日は来てくれるだろうか」と思うそうだ。

これがないのは予約がある日とのこと。また、夫が何より嬉しいのは、来店した日に次回来る日の予約を入れてくれることらしい。

だから予約が常に入っている店になって欲しいとは思うけれど、「来てくれるだろうか」という気持ちはずっと忘れないでいられるのが良いと思った。

これが初心ってやつのひとつなのかもしれない。



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 店主 | comments(0) | trackbacks(0) |

開業280日目 分類の必要性


先日の日記で、事業主を職人型と商売人型に分類してみた。これは何も事業主に限った話ではなく、誰にでも当てはめて考えることが出来る。

誰かを見て判断するとき、適材適所を見極めるとき、これを見誤ると不幸な環境が出来上がってしまう。そのため店主には重要なスキルだと思う。

職人型は生産できる人、商売人型は観察できる人と言い換えることが出来る。商売をするにあたり、どちらか一方に偏っていては、その事業は成り立たない。

作る人ばかりで管理する人売る人不在では収入は上がらないし、観察する人ばかりでは売りになるものがない=収入がない、に、なってしまう。

いずれにせよ要はバランス。自分の店なり会社がどちらに強いのか、何が不足しているのか考えて、店主が調整しないと駄目だ。

足りない部分を他から補うのか、自ら意識を変化させるのか、それは自分の型を考慮して選択するのが良いだろう。

さて、居酒屋のようなサービス業において職人型というのは、何も料理をする人だけではない。接客スタイルにポリシーを持ちお客の心をつかめる人も職人型だと思う。

これも立派な生産である。お金を生み出すという点において。



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 店主 | comments(0) | trackbacks(0) |

開業278日目 お花見シーズン


今日は土曜日。私は仕事が休みなので家にいる。

今日こそ絶対に酒を買いに行かないとまずい。何としても1時に起こしてくれと店から帰ってきた夫に言われた。

私はこの役目が嫌である。なぜならなかなか起きてくれないからだ。睡眠時間を計算すると、今日は8時間寝ることが出来る。それでも夕方起きる普段の夫にしてみれば、うんと早起きの時間。

今日はあまりお酒を飲んで帰ってきていないようなので、いつもより楽だと思うが。でもいざ起こそうとすると本当に嫌がるので気が重い。なんか私が悪いことしているような気になる。

でもさぁ子供じゃないんだし、遅く起きて困るのは自分なんだからちゃんと起きようよと毎週思う。

さて、今日の日記タイトル通り今は桜の季節である。

お酒を仕入れているお店が花見の名所に近いところが多く、今日車で行ったら3倍の時間がかかってしまったとのこと。厳しく起こさなかったら、営業準備に間に合わなかっただろう。

今日の営業はぽつりぽつりとしかお客が来なかった。イベントのある時期はどうも弱いようだ。

みんな花見に行っていて駄目なのかなぁと12時近くになってバイトが帰ろうとしたその時、続けざまにお客が入って来てそれから注文の嵐。

疲れた一日だったらしい。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 店主 | comments(2) | trackbacks(0) |

開業276日目 開業できない人とできる人


事業主は、職人型と商売人型の二つのタイプに分けることが出来る。

私の知っている範囲での話だが、職人型は少なく、自分で店を持ちたいと言いつつ、いつまでたっても独立しないのが前者と観察される。

日々の生活を切り詰めて、うち程度の規模なら無借金で店が作れる程の貯金がある人や、腕も客も融資してくれる人もいると豪語しながら、それでも行動に移さない人がいる。

夫がどちらの型に分類されるかというと、職人と言える程の腕がないという点において後者である。

ずっと飲食に携る仕事をしてきたが、専門的な調理の経験はあまりなく、手持ちのレシピは開業時のグランドメニューで出尽くしたような人。しかもそのうちの何品かは作ったことがないものもあったという。

資金だって開業準備でほとんど使い、運転資金は僅かしか残らない程度しか用意することが出来なかった。

なぜそんな人が開業できたかというと、こだわりがなかったからだと思う。

信念は当然あっただろうが、こうでなければいけない、できないと思わないこだわりのなさが開業にこぎつけた要因ではないだろうか。

あとは人に使われるのは嫌だという気持ちと色々な店を見てあの程度でいいなら俺にだってという自信なのかなぁと思う。



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 店主 | comments(4) | trackbacks(0) |