独立開業に関する記録


独立開業した夫を支える、妻の視点で綴られた独立開業日記。
最近は専ら個人事業の実務について書いています。

個人店経営に必要な手続き、実際にやってみて気がついたことなど、事細かに記録しました。
事業を始めたばかりの方はもちろん、誰もが思うどうすれば?の疑問にお応えします。

最新記事はホームページ版にあります。

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |

サイエンス小話―身近な物質から好奇心を育てる本


先日「サイエンス小話―身近な物質から好奇心を育てる本」という本を読んでみた。

飲食店においてお客さんとの会話は欠かせない。その中には名前は誰でも知っているが、ふと素朴な疑問が湧いたときに、ちゃんとした答えがわからないまま終わってしまう話題も多い。いつかは調べてみようと思いつつそのままになっているからだ。

続きはこちら



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| | - | - |

開業150日目 人生は手帳で変わる


自分で仕事をするようになると、時間の管理が重要となる。

より良い仕事をし、多くの収入を得ようとすると、際限なく仕事をしてしまうようになるからだ。

また、やるべきことがたくさんあるように感じてしまい、ストレスも溜まりがちになる。

そこで有効なのが「時間のマトリクス」である。

時間に関する本をここ最近読み始めているが、そのうちの1冊が、

人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック
人生は手帳で変わる 3週間実践ワークブック
フランクリン・コヴィー・ジャパン

で、ある。

この本で一番印象に残ったのが、「時間のマトリクス」に関することだった。

この本はタイトルにあるように、手帳の実践的な使い方を記した本である。

しかし、このマトリクスを常に意識して活用しないと、従来の時間管理、手帳の活用となんら変わることがなくなるだろう。

さて、その「時間のマトリクス」が、どういうものかというと、物事は重要度と緊急度で4つの領域に分かれるというものだ。

第一の領域…重要かつ緊急
第二の領域…重要であるが緊急でない
第三の領域…重要でないが緊急である
第四の領域…重要でも緊急でもない

(上記四つの領域をもう少し知りたい方は「田舎で暮らす公認会計士のBlog」さんをどうぞ。)

私はこのそれぞれの領域を理解し、第二の領域に重点を置いて手帳を使うようになってから、格段に時間を増やすことができた。

それはつまり、少ない労力で大きい成果を得ることが出来るようになったことを意味する。

多くの人たちは第一の領域や第三の領域に振り分けられた仕事に振り回されているという。

しかしこの本に書かれたことを意識し、実践できれば思うとおりの生活が手に入れられるだろう。



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| | comments(4) | trackbacks(0) |

開業136日目 時間管理 TQその2


(昨日のつづき)

「時間がいくらあっても足りない!」と時間に対する飢餓状態になった私は、

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
ハイラム・W. スミス, Hyrum W. Smith, 黄木 信, ジェームス スキナー

を手にした。

この本では、時間をコントロールしようとするから無理が生じるのであり、自分の行動をコントロールすれば心の安らぎが得られる。

そしてその自分の行動をコントロールするための原則と、それを実践するための方法が書かれていた。

確かにこれを読む直前に試していた時間割のようなもので時間確保を試みたが、上手くいかなかった。

予定表ではたくさん時間があるように見えるのに、実際にはそんな時間は存在しないのだ。

一方この本が薦めているのが、手帳の活用である。

ただし時間を軸にしているのではない。自分の人生にとって重要事項リストアップし、それに優先順位を記す予定表を作成するのだ。

試しに今使っている手帳で、今日の優先事項と、出来事を書き記す習慣をつけることにした。

この手帳に記した重要事項は自分との約束である。

人との約束を守ることが出来る人間なら、自分との約束も守ることができるはずだ。

それが守れないようでは、自分にとって自分は価値が低いと認めることになると思えてくる。

手帳を使って時間管理をすることはさして新しいことではない。

しかし、この本に書かれた原則を理解し、手帳というツールを使って実現することによって、自分の生活を思い通りにする術を手に入れることが出来るのだ。

この本を読むには手帳とペンをそばに置いて、実践しながら読み進めるのが最も効果的であることを断言する。



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| | comments(0) | trackbacks(0) |

開業135日目 時間管理 TQその1


夫が独立してから、私の仕事とやりたいことが格段に増えた。

毎日の経理はもちろんのこと、店の経営に役立つことを調べたり、店のブログを毎日更新するようになったり。

そして、このサイトの管理。それから、知り合いの会社の経理もある状態だ。

最近では店の経理が最適化され、10分少々で出来るようになった。

ある程度流れも分かってきたので、要所要所で収支を確認すれば良いだけになった。

このようにして効率が上がると、時間が出来る。

しかしその時間は、忙しい時に思いついたアイディアを実行する時間に充てられる。

そしてその作業に慣れ、効率が上がろうとすると、他にやりたいことが出てくる仕組みになっているようだ。

時間はいくらあっても足りないというのは、正に真である。

このような状態が進むと、時間に対しての飢餓感が湧き上がる。

時間に対してガツガツしている自分がいた。

何のために仕事を増やし、やりたいことをやっているんだろう。これではいかんなということで手にしたのが、

TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
ハイラム・W. スミス, Hyrum W. Smith, 黄木 信, ジェームス スキナー

である。

(明日につづく)



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| | comments(0) | trackbacks(0) |