独立開業に関する記録


独立開業した夫を支える、妻の視点で綴られた独立開業日記。
最近は専ら個人事業の実務について書いています。

個人店経営に必要な手続き、実際にやってみて気がついたことなど、事細かに記録しました。
事業を始めたばかりの方はもちろん、誰もが思うどうすれば?の疑問にお応えします。

最新記事はホームページ版にあります。

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |

100円で1ポイントのクレジットカードでお得


とりあえず家賃の支払いをクレジットカードで支払うありきで物件を探すのは難しいかもしれないけれど、使えたら便利、ラッキーの位置づけでいようかなというのが結論。

ポイント付くからって、家賃の高い部屋を選んでは本末転倒なわけだし。

本格的に部屋を探す時期になったら、もう一度調べる予定。

さて、以前公共料金を払うのに、ポイントが2倍付くカードを見つけたけれど、楽天カードなら100円で1ポイント貯まるから、少なくとも10倍ということに今回調べて気がついた。

ということで、楽天カードに申し込むことに。

もうひとつ気になっているポイント制度がある。

それは、Tポイント

クレジットでの支払200円につき、1ポイントたまる。

それ以外にもファミリーマートをよく利用するので、店舗利用のポイントが100円につき1ポイント貯まるのが魅力。

また、Tポイントは、電子マネー「Edy(エディ)」の利用の場合でも200円につき1ポイント貯まるので、Tポイント提携店舗以外、たとえばファミマ以外のコンビニや、ヨドバシカメラやマクドナルドでも対象になるは嬉しい。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| クレジットカード | comments(0) | trackbacks(0) |

家賃が支払えるクレジットカード


(つづき)

家賃が支払えるクレジットカードを調べてみたけれど、収穫はいまいち。

たとえばカードを推進している、または推進していた賃貸物件のポータルサイトを覗いてみるも、管理会社が提携していても、物件によっては対象外の場合があるからだ。

どういうことかというと、貸す側の立場で考えると、クレジットカードを利用できるようにするには、家賃(売上)に応じてカードの利用手数料を払わなければならない。

ある程度の物件を扱っていてその手数料がペイでなければ、手数料負担は無視できない。

クレジットカードによる集客率が見込めなければ、なかなかカード利用には踏み切れないという仕組みなのかなと思う。

でも、家賃の回収はクレジットカード会社が負担するというメリットは大きいと思うのだけど。

つまり、カード会社が家賃を立て替え、その回収はカード会社の仕事、入金確認だって一括して予定通りの入金があるわけだし

ビジネスモデルとして成功事例がもっと認知されないと、だめなのかもしれない。

でも、家賃を払えるクレジットカードって少ないから、今それで目立っておけば口コミで広がると思うんだけど。

HOME‘Sカードは、今クレジットカードで断トツ一番人気と言われている楽天カード提携なんだから、ぜひ頑張っていただきたい。

その他今回家賃が支払える不動産管理会社の一覧を持っているアットホームに期待かな。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| クレジットカード | comments(0) | trackbacks(0) |

家賃をクレジットカードで支払えば…


公共料金より大きな固定費と言えば、そう、家賃。

初めに夫から家賃もクレジットカードで支払えると聞いた時は、え?そんなバカな、と思ったのだが、本当に払える場合があるらしい。

管理会社がカード会社と提携している必要があるので、そうどこでもと言えないようではあるが。

とりあえず調べてみると、Orico(オリコカード)がヒット。

提携の管理会社はは、ミニミニやお部屋探しマストの積和不動産、社宅管理業のマイムコミュニティー。

ちょっと横道にそれるが、ミニミニで契約後カギの受け渡しの際にTカードを提示すると、TSUTAYAやファミリーマートで会員募集しているTカードポイントが100円につき1ポイント貯まるとのこと。

コンビニやファミリーレストラン等利用した際、1000円未満の支払いでクレジットカードを使ってもポイントがつかない場合に備え、Tポイントも検討していたので、これは!と思った。

さて本題に戻って、オリコカードを使うとポイントが貯まるだけではなく2つの特典があった。

一つ目は賃貸契約の際必要になる、連帯保証人が不要になること。

もう一つは、月々の家賃支払いが口座振替になること。

今、家賃の振り込みは、たまたま大家さんと同じ支店の金融機関がメインバンクなので、振り込み手数料こそかからないが、毎月振り込みの手間がかかっている。

面倒だなと思っていたので、これは朗報であった。

ま、クレカ払いなので、当然と言えば当然なのだけど。

(つづく)




この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| クレジットカード | comments(0) | trackbacks(6) |

公共料金はポイント2倍のクレジットカード


 (前回のつづき)

毎月欠かさず支払われる水道光熱費が還元される支払方法があった。

口座振替にすると毎月50円の割引になるけれど、この場合、1か月の支払金額が5,000円でも50円、十倍の50,000円でも同じく50円引き。

これが、クレカ払いになると、前者が5ポイントで、通貨に換算すると1ポイント5円で換算して、5ポイント×5円で25円。後者が50ポイント×5円で250円となる計算。

つまり、支払金額が毎月10,000円を超えるなら、口座振替よりもクレジットカード払いの方がお得ということだ。

さて、本題の「東京電力Switch!カード」というクレジットカードを利用すると、後者の場合2倍の500円還元されるという計算になる。

ちなみに、このクレジットカードで支払えば、5,000円の電気代なら50円還元されるのでトントンということだ。

ま、貯めている(使いたい)ポイントによって換算率が違うので、注意が必要だが。

このクレジットカードで貯めたポイントは、ANAのマイレージやJTBのトラベルポイント、いくつかの百貨店の商品券やポイント、また、auのポイントへ移行できる。

クレジットカードってポイントをためるだけでなく、どうやって使えるかも重要だと、今回調べて学んだことの一つである。

(次回へつづく)


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| クレジットカード | comments(0) | trackbacks(0) |