独立開業に関する記録


独立開業した夫を支える、妻の視点で綴られた独立開業日記。
最近は専ら個人事業の実務について書いています。

個人店経営に必要な手続き、実際にやってみて気がついたことなど、事細かに記録しました。
事業を始めたばかりの方はもちろん、誰もが思うどうすれば?の疑問にお応えします。

最新記事はホームページ版にあります。

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |

厨房設備の保守点検 後編


(昨日のつづき)

でもたぶん前者なのだろう。

ということは、結構な金額になるな。

時間があったら本体価格とこの保守料を計算してみたいところだ。

夫から冷蔵庫の不調を聞いたことはないけれど、この点検表を見ると、点検した結果、不具合を解消できたらしきことが書いてあった。

故障になれば使っているほうもわかるのだが、不調、故障の前兆的なことは、やはりメーカに点検してもらうのが一番なのだと実感。

完全に故障という状態になってからだと、場合によっては修理費がかかってしまう場合があるようだから。

保守点検も伊達じゃないのだ。

まぁそのためにお金を払っているのだが。

飲食店において、冷蔵庫に不具合があるのは致命的である。

当然営業に差し支えるであろう。

故障したというストレスやそれを補う労力は相当なものになると想像できる。

普段どおりできないというのは、思っている以上に大変なのだ。

開業前、リース契約をするときに支払総額を確認すると、やはり躊躇してしまうような金額である。

しかし、こうやって実際にトラブルを未然に防げるのであるから、高くはない投資だったといえるのではないだろうか。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 工事、保全 | comments(0) | trackbacks(1) |

厨房設備の保守点検 前編


先日、いや、もう月が変わってしまったので先月のことになるのか、業務用厨房設備メーカの保守点検があったらしい。

点検表のお客様控えという用紙を夫から受け取ったので知ったのだが、これを見るのは初めて。

点検回数を見ると4回目と書いてあることから、1年に2度点検をしてくれていることがわかる。

どういう契約だったかなと過去の日記「厨房設備のリース申込み」を読んでみると、冷蔵庫を保守契約付で契約をしていたようだ。

だから出張費・作業費11,000円が無料になっているのだな。

そういえば、現金で購入するかリースにするか、保守契約はどうするかと検討したり、ネットでそれぞれのメリット、デメリットを調べたんだっけなぁ。

コストの一部や価値というのは、金額に換算しにくい部分があるので、結構悩んだ記憶がある。

この点検表は4枚あり、それぞれに先の金額が書かれている。

4台のコールドテーブルをリース契約しているから、1回の保守点検につき4台分で44,000円ということになるのか、1回来てもらうと11,000円なのかよくわからないけれど。

(明日へつづく)


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 工事、保全 | comments(0) | trackbacks(1) |

キリンの定期点検


「キリン樽詰生 品質向上チェック」の点検があった。夫から受け取ったチェックシートの回数通りなら、開業してから2回目である。

前回は今年の4月下旬になっているから、半年に1回のペースであるのならば、本当は3回目なのかも。

夫はこういうシートはもとより、納品書でさえ捨ててしまうことがあるので、私からするとちょっと信じられない。仕事に関係する証憑の重要性がわかっていないのだろう。

さて、チェックシートをみてみよう。

担当者は前回と一緒であるが、チェックした項目が今回のほうが多かった。今回の診断結果はすべて良好だった。

作業は全般をチェックした後に、調整・補正・修理・交換を実施した箇所にレ点をつけるもので、今回チェックがついていたのは、ディスペンサーとビール品質、樽の保管場所、専用クリーナー、あと、ビールホースを交換してくれたらしい。

ここでふと、具体的にどんな作業をしているのだろうと思った。私は店に出ていないので、この点検に立ち会ったことがないのだ。

まずこの点検を実施した会社のホームページで仕事の概要を見てみた。

ビールサーバの点検だけでなく、マーチャンダイジング活動、いわゆる自社製品を売るために必要なすべてのこと、をする人でもあるということがわかった。

うちの店はポスターを貼ったり、ポップを置いたりは一切しないので、巡回する人にとっては楽な相手なのかなと思ったりした。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 工事、保全 | comments(0) | trackbacks(0) |

開業298日目 トイレの移設にはご注意


先週、いや、先々週だったかもしれない。トイレの流れが悪く業者さんを呼んだことがあった。

開業当初から調子が悪かったようで、工事をしてくれた人に度々その旨言っていたらしいのだが、そういうことはよくあるといなされたまま今日に至っていたようだ。

本来なら店の改装工事をしてくれたその会社へクレームをつけるべきところ。しかし諸事情があってコマーシャルか何かで宣伝している業者さんに見てもらった。

詰まりの原因を見つける前に、いくつか指摘を受けたらしい。

まず、トイレから下水本管へ繋がる部分には点検口が設けられるはずだがそれがないこと。それからパイプの接続が適切ではないため逆流しやすいのではないかということ。

点検口については確かあったような気がするし、工事をしてくれた社長もあると言っていたが、本職の人が気がつかないはずはないからやはりなかったのか。

そのため便器を外すことになり、修理代が嵩んでしまった。それでもまだましな方で、最悪床の一部を撤去することだってあると脅されてしまった。

さて原因は何だったのかというと、ボールペンが引っかかっていたらしい。しかも2本。そういえば一時期ボールペンがないとしきりに言っていた。これだったのかも。

原因がわかるまで、あれこれ考えてしまった。配管の写真を撮っておけば良かったとか、やはりトイレの移設はしなかった方が良かったのかとか。また、瑕疵担保責任だといえる材料はないだろうかとか。

とりあえず原因が、取り除くことが出来ることで良かったが、そうでないとしたら損害は計り知れない。トイレを移設しなければ付帯設備として貸主に相談できるが、そうではないのだから。

改装工事費を安く抑えた分そのリスクは負わなければいけないのだと痛感した一件であった。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 工事、保全 | comments(0) | trackbacks(0) |

開業252日目 施工業者の選定


ウチごはん&ソトごはん(居酒屋ができるまで 07)」さんのブログでレポートが追加された。

予想通り工事に関してのことだった。こちらでも問題が勃発していた様子。

うちが店を作った時と同様のことが起こっていた。いや、うちより工期が短い分、比較にならないほど大変だったと想像できる。

二店舗目を持つ機会に恵まれたときに備えて、今日の日記を書こう。開業準備期間中の日記も読み返しつつ。

一番大切なことは施工業者の選定、厳密に言うなら施工管理者の選定であると思う。

素人である私たちが施工者に意思を伝えるのは難しく、大変な労力を要するものである。

なぜなら施主は設計図を拠り所としているのに対し、施工者は現場主義、とにかく出来上がれば良いと思う節があるからだ。

この相違を調整する役目を負った者がいないと、希望通りの店は出来上がらない。出来たとしても色々な面で無駄を生む。

被害を被るのは、その店とずっと付き合っていく施主なのである。

業者を選ぶ際に判断するものは、設計図、見積書、工程表、施工管理者の4つで、依頼した通りの結果を出せる業者かどうか。

どんな打合せであっても、それぞれの書面を見ながら相互確認する。

業者以上の集中力でどんどん口を出していく。

「〜だろう」ではなく、「〜かもしれない」という気持ちが店造りには必要だと痛感した。



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 工事、保全 | comments(0) | trackbacks(1) |

開業231日目 こだわりの弊害


店の内装はあまりこだわらなくても良かったのではないかと思った。

というのは、木材の部分に集成材を使わなかったことで、色々なところで狂いが出てきている状況になったためだ。

工事をしてくれた方は、ある部分に使った材木以外はちゃんと乾燥されたものを使った、でも木も生き物だからある程度のことは仕方がないという。

それにしても一目で分かるほど接合部分がずれていたり、床板に亀裂が入るのはどうかと思う。

工事をしたのが雨期で、今は暖房のために乾燥しきっている状態だと説明されても、夫は納得できないようだ。

私は工事現場に出入りしていた経験があるので、業者によってはこんなこともあるものだと思っている。

お金と工期に十分な余裕があった訳ではないのだから。

何が問題かというと、木材の含水率13%だから大丈夫だとか、地元で指物師として賞を取ったとか(昔取った杵柄的なことだが)を散々言っていたことである。

それほどの人がこんな結果を出しては、この先どうなるのだという夫も心配もわからなくもない。

あまり大きなことを言わないでくれていたら良かったのにと、今さらながら思わずにはいられない。

夫とは違う部分にこだわりを持っている人だと分かっていたにも関わらず、その点の相違について話し合いを十分に持たず、相手の考えを押し切らせてしまったのが原因なのだろう。

次に頼むときは、こだわりを持たないようにしてくれる方を基準に選びたいと思った。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 工事、保全 | comments(0) | trackbacks(2) |

開業161日目 寒さ対策


142日目の日記で課題になっていた寒さ対策である。

隙間風の方は、座敷の仕切りと引き戸の丁度コーナーになっているところから風が入ってくる状態になっている。

そこへ蔵元さんから頂いたのぼりを画鋲でとめることで、だいぶ防ぐことが出来た。

というより、よく見てみると風がのぼりの下を通って、座敷に流れ込まなくなったといえようか。

のぼりを飾っているように見えるため、見た目も悪くない。

たった一枚の布でも、意外に効果があるのは驚きだ。


一方トイレの寒さ対策には、手ごろな値段のヒーターが見つかった。それがこちら↓

YAMAZEN  ミニファンヒーター MH-600SMB
YAMAZEN ミニファンヒーター MH-600SMB

営業時間直前にかなり低い温度設定で電源を入れているが、十分暖かい。

トイレに置いてある小さなゴミ箱と同じくらいで、邪魔にならない大きさが大変良い。

この季節、トイレが暖かいとこんなに快適なんだと実感できる。

思ったより安いものが簡単に見つかったので良かった。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 工事、保全 | comments(0) | trackbacks(0) |