独立開業に関する記録


独立開業した夫を支える、妻の視点で綴られた独立開業日記。
最近は専ら個人事業の実務について書いています。

個人店経営に必要な手続き、実際にやってみて気がついたことなど、事細かに記録しました。
事業を始めたばかりの方はもちろん、誰もが思うどうすれば?の疑問にお応えします。

最新記事はホームページ版にあります。

<< 開業213日目 償却資産の申告? | メイン | 開業215日目 年末調整の還付はあるが… >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |

開業214日目 償却資産の申告


(昨日のつづき)

建物付属設備で計上した店舗改装費が、構築物として都税事務所へ届出が必要ということが分かった。

今日はもう27日。急いで書類を作らなければ。

東京都主税局<申請様式><税目別分類>」から、「償却資産申告書(償却資産課税台帳)」と「種類別明細書(増加資産・全資産用)」を印刷。

手引きで確認したところ、初めての申告ではこのふたつで良いようだ。

あ、うちのプリンターでは、用紙の上の方が印字されない。ボールペンで書き足さなければ。

あと、去年出していなかった「(個人事業税)事業開始(廃止)等申告書(PDF)」も印刷して、一緒に郵送することにした。

まず簡単な「事業開始(廃止)等申告書」から着手。

タイトルの「廃止」部分を二重線で消した。

事務所所在地などの欄は店の情報を書き、事業の種類は、「個人の事業税の法定業種と税率は」にて確認し、「飲食店業」と記入。

納税義務者の欄は、自宅住所と氏名を書き押印して終り。とっても簡単だ。

「償却資産申告書(償却資産課税台帳)」は、「固定資産税(償却資産)申告書等の記載方法(PDF)」を見ながら書けば、難しいところはない。

ただ、この申告書の項目番号7〜11について疑問があったので、「固定資産税(償却資産)の申告の手引き(PDF)」で確認したところ、うちには関係なかった。

項目番号15の借用資産は、3つのリースがありこんな小さな欄に会社名、住所、電話なんて書けるはずもない。

この欄には別紙の通りと記入し、A4用紙横にワープロ打ちで添付した。

取得価額の欄は、構築物ひとつしかないため、青色決算書の減価償却費明細にある数字を転記。

「種類別明細書(増加資産・全資産用)」も、記載方法を見ながらやればOK。

初めての申告だから、タイトルの「全資産」に丸をつけて、資産の種類、名称、年月日、取得価額、増加事由に○とこれだけ。

それぞれの申告書に押印して、念のため今回提出する書類をコピーしておくことにした。

申告の手引きの最後の方にあった管轄の都税事務所の住所を封筒に書き写して郵送して完了。


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 手続き | comments(3) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |
ヌマンタさん、解説ありがとうございます。
今日、時間があったので商工会で聞いてきました。職員も行政側の解説書を引っ張り出してきて、読みながら考えていました。解説書には繰延資産は免除のことが書いていないし、免税点を土地建物と合算するかどうかもわからないので、行政に匿名で職員が問い合わせました。

回答は、繰延資産は当然関係なし。土地、建物とは別に構築物や備品の期末未償却残高が150万以上だと課税ということでした。 償却の少なかった昔はもしかすると150万を超えていたかもしれないので、今、申告すると、さかのぼって課税されるかもしれない、と言われました。

いろいろ税制は複雑ですね、だから税理士さんがいるわけですね。
| スーパーTS | 2006/01/31 6:46 PM |
>スーパーTSさん

役所はけっこううるさく、ほっとくと場合によっては実地調査などと言ってきます。私の事務所では免税点未満でも、一応申告しておいてトラブルを避けるようにしています。まあ、ほっといても、何も無いケースも多いのですがね。あそこも人手不足ですから。

それと、昔に比べたら役所も丁寧な対応するようになったと思います。しかし、今でも地方へ行くと横柄なところもありますし、やはり強力な権限を持っていますから、怖い存在であるのも事実です。
| ヌマンタ | 2006/01/31 6:29 PM |
ヌマンタさん、

償却資産の免税点150万なら、数十万のアスファルト舗装とかは課税されないわけなので、償却資産として申告しなくともよいわけですか? まあ、課税されなくても申告すべきということが書いてありますが、私も始めて知ったので、あえて申告しようとは思いません。課税する市町村から何もいってきませんし。。。

税金を納めてもらいたいなら、もっと丁寧に広報すべきでしょうね、お役所さんは。
| スーパーTS | 2006/01/31 11:03 AM |









http://kaigyoukiroku.jugem.jp/trackback/312
開業261日目 都税事務所からの電話
都税事務所から留守番電話にメッセージが残されていた。確認したいことがあるので、連絡下さいという内容だった。 はて、なんのことだろう。確定申告の書類が都税事務所に回った時期?でも、今回申告した所得金額では控除額の範囲内だから関係ないはずだし。何か記入
| 独立開業に関する記録 | 2006/03/19 12:23 PM |