独立開業に関する記録


独立開業した夫を支える、妻の視点で綴られた独立開業日記。
最近は専ら個人事業の実務について書いています。

個人店経営に必要な手続き、実際にやってみて気がついたことなど、事細かに記録しました。
事業を始めたばかりの方はもちろん、誰もが思うどうすれば?の疑問にお応えします。

最新記事はホームページ版にあります。

<< 開業224日目 源泉税過納付発覚 | メイン | 開業226日目 前払金と前払費用 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |

開業225日目 源泉税を納めすぎた場合は


源泉税を納めすぎたということがわかり、どうすれば良いか税務署の源泉税特別徴収を扱っている人へ聞いてみた。

税務署「○○っていう手続きか××っていう手続きがあって、納付書のコピー、計算の元になる資料を一緒に提出していただければいいですよ。」

私「どちらの手続きが簡単ですか?その手続きに必要な書類は送ってもらえますか?取りに行く時間はないので。」

税務署「どちらの手続きも大差ありません。用紙は国税庁のHPからダウンロードできますから…」

という具合に色々教えてくれたのだが、向こうは当たり前の手続きで、ずらずらっと言葉を並べられても電話では書き留めるのが大変。

結局は自力でタックスアンサーから調べることになるのだと思い、ほとんどメモは取らずに電話を切らせてもらった。

源泉所得税関係(手続名称)」のページを見ると、あったあった、ふたつ方法があるといってたのは、この「18源泉所得税の誤納額の還付請求」と「19源泉所得税の誤納額の充当届出」のことか。

こんなに簡単に見つけられるとは…。

どちらの手続きも添付書類は一緒だし、請求書の書くべき内容もほとんど変わらず。

違うのは、還付請求書の方に、自分の口座を書くくらいか。

だったら還付の方が、帳簿や後々のことを考えると、わかりやすいかな。

いくら間違ったのか電話で聞かれると思って用意したメモ書きが役に立ちそう。

簡単でよかった。



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| 手続き | comments(0) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト



この記事が少しでも参考になりましたら、
クリックしていただけると嬉しいです。→ 人気blogランキング
(経理・会計・税金 Rankingなので、見逃せない情報入手に役立ちます)

投票してくださる皆さま、ありがとうございます。




| - | - | - |









http://kaigyoukiroku.jugem.jp/trackback/323
開業244日目 提出書類に迷ったら
税務署から電話が来た。 源泉税還付請求についてだった。 開業225日目 源泉税を納めすぎた場合はの日記で書いた書類が実際に処理される段階になったらしい。 しかし提出書類が足りないとのこと。 添付書類は総勘定元帳の預り金勘定部分を出していたのだ
| 独立開業に関する記録 | 2006/03/02 7:10 AM |
開業224日目 源泉税過納付発覚
帳簿の繰越を終え一ヶ月溜まった領収証を入力していると、その中に源泉税の納付書があった。 特納分で一般的に半年分をまとめて支払うものだ。 総勘定元帳の預り金勘定を開いて、納付金額を入力しようと何気なく前期繰越残高に目をやると、今回納付した金額より少
| 独立開業に関する記録 | 2006/02/10 5:50 AM |